初めての方へ  サイトの使い方  利用規E/a>  著笹國について  マイページへ
メインメニュー
お役立ち情報
検索
観光スポット - staffさんのエントリ

カテゴリ
(2)


最新エントリ
2006/09/12
カテゴリ: 自然 : 

執筆者: staff (9:48 am)
上野川の上流、親父山林道沿いに高さ50mの竜ヶ岩の滝がある。自然造形の素晴らしさから、特に紅葉の時期は多くのハイカーで賑わう。上流には、モミ・ツガ等の大木が茂る原生林がある。。。
2006/09/12
カテゴリ: 自然 : 

執筆者: staff (9:36 am)

 祖母山は日本書紀には「日向の襲の高千穂の添(そほり)の山峯(やまのたけ)」とあり、標高1578m、九州第2の高峰である。神武天皇は東征の際、豊後沖で暴風雨に襲われた。その時、命は添の山峯に向かって手を合わされると、祖母の豊玉姫が現れ静めたという。このことから山の名前を祖母山と改めたという。祖母山頂の石の祠(ほこら)には祖母岳明神として豊玉姫が祀られており、毎年5月3日に祠の前で祖母山山開き神事が行われる。古くは、高千穂の五ヶ所、上野、岩戸阿蘇原、岩戸折原の4ヶ所と肥後・豊後に4ヶ所に下宮八社を有した山岳信仰の山として崇められた。


【祖母山の伝説】


2006/09/11
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (4:50 pm)
二上神社  
鎮座地:押方2375-1

日本書紀の一書に「日向の襲の高千穂のくし日の二上峰に至りて」、日向風土記逸文には「臼杵郡の内、知鋪の郷‥‥日向の高千穂の二上の峰に天降りましき」とあり、



2006/09/06

執筆者: staff (3:10 pm)
施設紹介

●物産館
●レストラン
●情報施設(観光情報・道路情報・医療情報・その他)
●トイレ 駐車場  


情報施設では次のものを案内しています



2006/09/06

執筆者: staff (3:00 pm)
旧国鉄残地のトンネルを利用した焼酎の貯蔵庫があり、無料で見学できるほか、焼酎の試飲や特産品を揃えた観光物産館がある。
近くには蒸気機関車とその車輪を展示した夢見路公園がある。


2006/09/06

執筆者: staff (2:49 pm)
雄大で清々しい景観をもち高千穂観光の表玄関として重要な名所である高千穂峡に、垂玉の滝の清らかな湧水を利用して、ヤマメ・ドンコ等の五ヶ瀬川水系に棲息する淡水魚を中心にチョウザメ・オヤニラミ・ニッポンバラタナゴ・アカメ等、又 ブラジル、アフリカに棲息する熱帯淡水魚等 約50種類を集めた淡水魚水族館です。

■詳細情報


2006/09/06
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (2:05 pm)
天保6年、里の有志が四国八十八ヶ所霊場のご朱印をいただくとともに、土をもらい受け、八十八躰の石仏を四国と同じ配置で山里に安置し、開眼・開場している。このほかにも庚申塚等の野仏が点在し、歴史に彩られた生活信仰の息吹と田園風景、見渡す山並みは心の旅を満喫してくれる。



2006/09/06
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (1:41 pm)
逢初神社

降臨された瓊々杵尊は後に逢初川のほとりで木花開耶姫と出会い結婚された処と伝えられる。
神楽では「日向なる逢初川の畔にこそ、幾世結びの神ぞまします」と歌われる。
2006/09/06
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (1:17 pm)
下野八幡神社  鎮座地:下野569

桓武天皇時代(782年)に創建、堀川天皇時代(1087年)に現在地に建立と伝えられる。
境内のケヤキ・イチョウ(国指定天然記念物)、参道の有馬杉、入り口の逆杉など巨木・老木が立ち並ぶ神社。また、杉や大蛇の伝説がのこる。



2006/09/06
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (11:35 am)
歳宮神社

三田井中川登地区の
氏神様

« 1 (2) 3 4 5 »

⇒ 新着カレンダー
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
⇒ 企業広告
⇒ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
高千穂観光ポータEbr>
観光スポット / 宿泊施設・お店紹E/a> / おみやげ / イベントカE鵐澄 / パンフE奪肇瀬Ε鵐充ド / アクセス情E/a> / バE▲侫蝓湿霾鵐泪奪
高千穂のE棲 / 高千穂の天気 / このサイトについて / 個人情報保勾脯針 / サポートに関すE笋す腓E

Web designed by nansyu.com Copyright 2005-2006 The TAKACHIHO Sightseeing Web Project