初めての方へ  サイトの使い方  利用規E/a>  著笹國について  マイページへ
メインメニュー
お役立ち情報
検索
観光スポット - staffさんのエントリ

カテゴリ
(2)


最新エントリ
2006/09/05
カテゴリ: 神話史跡 : 

執筆者: staff (11:04 am)
天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分、天照皇大神が岩戸隠れのため天地暗黒となり、諸神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟(奥行き25m、間口30m)があり、別名「仰慕ヶ岩屋」とも呼ばれている。
2006/09/05
カテゴリ: 自然 : 

執筆者: staff (10:42 am)
標高1757mの祖母山から湧出する自然水が創りだす荘厳な滝で、落差37m。寺の住職がこの滝の水を飲んで、大変長生きされたことから「長寿の滝」「白糸の滝」ともいわれる。周囲の紅葉が色づく秋の景観は絶景である。
2006/09/05
カテゴリ: 自然 : 

執筆者: staff (10:29 am)
雲海と阿蘇涅槃像(ねはんぞう)
神武天皇の御孫・建磐竜命が国見をされたという伝説の丘で標高513m。秋の快晴、無風の冷え込んだ朝、雲海が高千穂盆地を覆う。身頃は日の出前後で、初冬まで見ることが出来る。



2006/09/01
カテゴリ: 神話史跡 : 

執筆者: staff (3:56 pm)
古くは天真名井の下を流れる神代川の清流にあり、村に災いがある時は、石が夜にうごめいて知らせたことから、「夜泣き石」と言われています。伝説では天孫瓊々杵尊(てんそんににぎのみこと)の子供を宿した木花開耶姫(このはなさくやひめ)が、あまりの難産に、



2006/09/01
カテゴリ: 神話史跡 : 

執筆者: staff (3:54 pm)
天然の湧水で天孫降臨の時、この地に水がなかったため、天村雲命が再び天上に上がられ、水種を移されたと伝えられる。欅(けやき)の老木の根本に今も天然水が湧き出ている。この地を訪れた北原白秋は、晩年の心情と神代川・天真名井の様子を歌に表し、高千穂峡にその短歌と長歌を刻んだ碑文が建立されている。
2006/09/01
カテゴリ: 神話史跡 : 

執筆者: staff (3:52 pm)
くしふる神社南に連なる小高い丘。
天孫降臨後、神々が高天原を遥拝した所と伝えられる。
2006/09/01
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (3:50 pm)
永の内八大龍王水神社


八大龍王は他界に住む地神で、観世音菩薩の守り神として信仰され、水神様として崇拝されている。境内には、えのきの老木があり、陰陽の奇根がある。 老木のツルが複雑に絡み合い、八大龍王の雰囲気をかもし出している。
古くは「井川(いご)」様として崇敬され、近年は岩戸八大龍王の降臨社として全国から信者が訪れ拝宮として整備される。参道には信者の元読売巨人軍監督川上哲治氏と藤田元司氏寄贈の灯篭がある。


【河童伝説】

『河童と相撲』 岩戸大猿渡



2006/09/01
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (3:48 pm)
馬生木八大龍王水神社

水神社はえのきに囲まれた神社。
そのえのきの幹からは不思議なきのこが生えている。
2006/09/01
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (3:47 pm)
荒立神社   
鎮座地:三田井宮尾野

瓊々杵尊(ににぎのみこと)の道案内をされた猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)が結婚して住まわれた地と伝えられ、荒木を利用して急いで宮居を造ったため、



2006/09/01
カテゴリ: 神社・仏閣 : 

執筆者: staff (3:45 pm)
くしふる神社   
鎮座地:三田井713


昔から、天孫降臨を伝える(古事記・日本書紀による)「くしふる峯」は神山として崇められ高千穂八十八社の一つであった。



« 1 2 3 (4) 5 »

⇒ 新着カレンダー
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
⇒ 企業広告
⇒ ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
高千穂観光ポータEbr>
観光スポット / 宿泊施設・お店紹E/a> / おみやげ / イベントカE鵐澄 / パンフE奪肇瀬Ε鵐充ド / アクセス情E/a> / バE▲侫蝓湿霾鵐泪奪
高千穂のE棲 / 高千穂の天気 / このサイトについて / 個人情報保勾脯針 / サポートに関すE笋す腓E

Web designed by nansyu.com Copyright 2005-2006 The TAKACHIHO Sightseeing Web Project